赤ちゃんに起こるてんかん発作

てんかんは痙攣や意識障害を引き起こす発作で、大人だけではなく赤ちゃんに起こることもあります。
てんかん発作が起きた後に頭痛が起こるケースもありますが、発作がテグレトールのような薬でコントロールされているのならば、それほど問題ない状態と言われています。
てんかんは脳波の異常を伴う病気なので、両側・片側だけなど様々な部位から電気刺激を受けることになります。この時、一時的な麻痺や頭痛が起こることがあります。テグレトールなどの薬を使わないでてんかん発作が抑えられていない場合には、てんかん発作による頭痛の可能性がありますが、コントロールされているのならばてんかんとは関係ないこともあります。
赤ちゃんに起こるてんかんの原因は、遺伝的な痙攣による「突発性てんかん発作」と大脳が傷つくことによって起こる「症候性てんかん発作」があります。
このうち症候性のものは、妊娠中や分娩時になんらかの原因で赤ちゃんの大脳が傷つき、それが原因で起こります。そのほか、奇形や代謝異常などが原因となることもあります。
赤ちゃんの場合、発作の前兆を自分で訴えられないケースが多いのでわかりにくいですが、前兆として多いのは吐き気・めまい・頭痛などがあります。
赤ちゃんの発作の前兆を見分けるには、いつもと行動がおかしい状態を素早く確認することが大切です。頭がガクガク揺れている、体がひきつけを起こしているなど、普段の様子を違うところがないかをチェックしてみましょう。
小児てんかんについては、治りやすい場合と治りにくい場合があります。一般的には小児てんかんにもテグレトールのような薬が使われますが、大人とは用量が異なるので医師に確認して使うようにしましょう。