熱性けいれんが起こる原因

子供の熱性けいれんは、通常38度以上の発熱で起こるてんかん発作で、熱の原因が髄膜炎や脳炎などの中枢神経感染症、代謝異常以外のものです。熱の原因のほとんどは風邪などの感染症で、子供の5~6%に見られます。一度、熱性けいれんを起こすと、30~50%が繰り返します。熱性けいれんの原因は、脳の細胞が、体温上昇で強い電流を流してしまうことです。その結果、筋肉に間違った指令を出して強直したり、意識を失ったりします。成長に従って熱に対する抵抗力がついて、発症することが少なくなります。熱性けいれんでは、ほとんどの場合けいれんは数分で止まり、脳に影響することは稀です。
子供の1%がかかる「てんかん」は、熱性けいれんとは別のもので、脳波検査をすると異常があることが多い病気です。てんかん発作は、「手足のけいれん」のようなすぐ分かる症状の他、身体の一部がぴくぴく動いたり、意識がぼんやりする発作もあります。てんかんは多くの種類に分かれており、分類ごとに治療法が異なります。脳波検査で確定して、確実な診断のもとで治療を始めます。子供のてんかん治療は、内服治療を続けて脳波が良くなったら断薬します。
てんかんの前兆には吐き気や頭痛、めまいなどがある場合もありますが、全く前兆がなくてんかん発作が起こる場合もあります。また、頭痛などの前兆症状がある場合には、家族などに知らせて身体を休めるようにします。
テグレトールは、てんかんの精神運動発作、けいれん発作に効果がある医薬品です。テグレトールは、毎日決められた量を飲みますが、飲み忘れ場合にはできるだけ早く飲み、次の回が近ければ1回飛ばします。多く飲み過ぎた場合や、頭痛や眠気、めまいなどの症状が出たときには、医師に相談しましょう。テグレトールをやめる場合、急にやめるとてんかん発作が起きる場合もありますので、医師の指示に従いましょう。